ごあいさつ
                                                        2008年1月22日
津高艇友会は1972年8月故橋本誠太郎氏(昭和5年卒)を初代会長に迎え創設。以来34年間にわたり、「現役強化」と「会員の親睦」を目指し、二代目故竹林昇氏(昭和7年卒)、三代目故木下寿氏(昭和7年卒)、四代目吉川昭一氏(昭和29年卒)、そして現在は平成16年11月より五代目会長として中原克己氏(昭和35年卒)がその任に着いています。

 またボート競技自体も艇の変遷(フィックス艇→ナックル艇→シェル艇)、ボート部の練習場所の移動(岩田川の底浅による使用不能)など、時代と共に大きく変わりつつありますが、卒業以来何年経過しても、いや年月が経てば経つほど艇友会会員全員揃ってボートを愛するオアズマンであり、古き良き思い出の漕艇こそ、人生の節目ごとに私共を励まし勇気づけてくれています。

艇友会役員
        会長    中原克己(昭和35年卒)
        副会長   竹島英介(昭和46年卒)
        副会長   前川祥一(昭和46年卒)
        事務局長 久世表士(昭和47年卒)
        事務局   田中隆之(昭和47年卒)
        幹事    紀平正人(昭和46年卒)
        幹事    若松克政(昭和46年卒)
        幹事    坂口克彦(平成2年卒)
        会計    内山政美(昭和47年卒)
        監事    内田吉雄(昭和46年卒)
        監事    北出健一郎(昭和48年卒)
        参与    吉川正一(昭和29年卒)
        顧問    多羅尾晃(昭和59年卒)津高教員ボート部顧問
        特命幹事 足立潤(昭和31年卒)初漕担当幹事
        特命幹事 朝熊清(昭和38年卒)マスターズレガッタ担当幹事
        特命幹事 保地勝彦(昭和38年卒)会報担当幹事