2006年活動報告津高校ボート部顧問 多羅尾 晃 (59年卒)


 艇友会の皆様には、日頃、現役部員の活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。現在、1年生5名・2年生5名の10名で活動しております。卒業生6名含め夏までは16名の部員で活動しました。昨年は新人の獲得に苦戦しました。本年はできるだけ多くの部員を確保したいものです。

さて、昨年のインターハイは、被災地・岩手県にて行われました。大変な時期にも関わらず地元の方々の尽力で開催していただいたことを部員と共々感謝の気持ちでいっぱいです。 

本年度も、男子3種目で出場させていただきました。クォドルプルは予選敗退でしたが、ダブルスカル,シングルスカルは準々決勝まで勝ち上がれました。近年は、準決勝まで行けることが多かったのですが、少し後退したかもわかりません。が、3年生を中心にチームとしてよくまとまった年代であったかと思います。部員数が安定してきており、部員の希望は小艇からクォドルプルに移行してきております。そのための指導のほうも個からチームとしての強さを発揮できるクラブづくりに重点を置き始めております。これから、津校ボート部がどのように動いていくか楽しみでもあります。

さて、12シーズンも間近になりました。

岩田川で、雪の降る中も懸命にオールを握り、夏に向かって厳しい練習をしております。OBの方々におかれましても、若かりし頃の“自分”を重ね合わせて練習風景をご覧になっていただけると幸いです。

3月中旬には毎年通り雲出川への移動を考えております。