第15回津高艇友会旭丘漕友会対抗レガッタ

  2006年9月3日、奥伊勢湖漕艇場で開催されました。
----------------------------------------------

 快晴のもと、第15回対抗レガッタが5年ぶりに開催できましたこと、ご支援、ご協力いただきました皆様、関係各位に厚く御礼申し上げます。

 会場に入りまして川面を眺めますと一面流木があり、はたしてレースが出来るのかと不安にかられましたが、顧問先生他、関係者、現役ボート部員の素早い対応で取り除き作業をしていただき、レース開催可能な状態となり、一同ほっといたしました。

 10時よりの開会式では、津高、旭丘高、両校の校長先生より激励、また対抗レガッタの意義等、ご挨拶を述べていただき、審判長より本日のレース説明を受け、いよいよ臨戦態勢となりました。レース前に昨年の岡山国体優勝を記念し購入していただきましたレース用自艇ダブルスカルの進水式。命名は「なぎさ」。末永く活用でき事故の無いよう祈念し、参加者全員で祝っていただくことができました。

 レースは流木処理のため、予定より45分遅れでスタート。全部で9レースを行ない、結果はOBが3勝3敗の引き分け、現役は2勝1敗で津高の勝利。

 漕手の限りない自己への挑戦、並びにクルー仲間との協調性が大事なボート競技ですが、今回の対抗戦で、母校現役部員がOBのボートにかける情熱、またボートによって培われたたくましい精神にふれ、オアズマンシップを継承してくれれば意義深いレガッタになったと思います。

 対抗戦に欠くことのできない交流会は、会場を津市内に移動し、川喜田同窓会長にもご出席いただき華を添えていただきました。成績発表のあと、乾杯、OBと現役は部屋を分け歓談タイム。途中各年代別勝利クルー代表よりコメントを述べていただき、両校の校歌、部歌等、3曲ずつ斉唱を行ない、津高艇友会竹島副会長の締めにて閉会となりました。

 三瀬谷の会場まで応援にお越しいただきました皆々様にも厚く御礼申し上げます。

〔記事 前川祥一〕

<成績表>

レース スタート時刻 距離 種目 クルー名 レーン 着順 タイム
1 12:16 500m ナックル35歳以下 旭丘漕友会B 2 1 2′00″59
旭丘漕友会A 3 2 2′05″17
津高艇友会A 4 3 2′09″15
津高艇友会B 棄権(クルー不足)    
2 12:31 500m ナックル35歳以上 旭丘漕友会 2 2 2′21″26
津高艇友会 3 1 2′08″32
3 12:46 1000m 現役男子シングルスカル 旭丘 A 1 2 4′18″08
旭丘 B 2 4 4′43″98
津 A 3 1 4′03″89
津 B 4 3 4′34″10
4 13:01 1000m 現役男子ダブルスカル
    同上
現役女子ダブルスカル
現役男子シングルスカル
旭丘 A 1 1 3′53″87
2 2 4′06″20
旭丘 B 3 (オープン) 4′57″35
旭丘 C 4   4′40″36
5 13:16 500m ナックル45歳以上 津高艇友会A 2 1 2′28″24
旭丘漕友会 3 3 2′34″12
津高艇友会B 4 2 2′30″68
6 13:31 500m ナックル55歳以上 旭丘漕友会 2 2 2′29″38
津高艇友会 3 1 2′24″37
7 13:46 500m OGダブルスカル 旭丘漕友会 2 1 2′12″84
津高艇友会 3 2 2′52″28
8 14:01 300m ナックル65歳以上 旭丘漕友会 2 1 1′25″55
津高艇友会 3 2 1′26″70
9 14:16 1000m 現役男子クォドルプル
    同上
(オープン)ナックル35歳以下
旭丘 2 2 4′08″36
3 1 3′46″35
旭丘漕友会(選抜) 4 3 4′19″28

<写真>
             開会式 進水式
          レース その1
          レース その2
          レース その3
          レース その4
          レース その5
         交流会 その1
         交流会 その2
                                                    (^^ゞ