7月15日 (火)  いろいろあります パート3

日曜日の朝日・中日・日経・毎日新聞の、読書欄で、新刊本として紹介されていました。
甘粕正彦  乱心の曠野  佐野眞一著
甘粕大尉・大杉栄事件で、よく知られています。
もう、事件から、85年も経っているとのこと。
この事件を新たに検証し、ノンフィクション本として書かれた本です。いろいろと、諸説あるようです。
甘粕正彦は、一中に入学して、明治38年に、繰り上がって、陸士に合格したからか、いろいろあってか、名簿には、掲載されていません。
以前、会報に、このことにふれた、どなたかの原稿が出ました。すぐに、事務局に、ご批判の電話があったのを覚えています。
新聞を読んでいて、その事を思い出しました。