8月24日 (水)  東京近代美術館 「イケムラレイコ」展

三重県立美術館では、11月開催の「イケムラレイコ」展が、東京の竹橋の東京近代美術館で、始まりました。
池村玲子さんは、45年卒業で、現在ベルリン大学教授でもあります。その同期生の加藤さんから、昨日、メールをいただきましたので、ご紹介いたします。

 本日から「イケムラレイコ」展が開催されましたので、早速、国立近代美術館に行き、観覧してきました。
来場者は少ないですが、大作もあれば初期のデッサンのような小さな作品、それに、陶芸品というか彫刻を織り交ぜて展示。
個々の作品に作品名の表示がなく、コーナー毎に作品群のイメージが表現されており、逆にその世界に惹きこまれるような感覚で、池村さんの“芸術”の世界がゆったりと表現されていました。