Diary 2015. 2
メニューに戻る
2月10日 (火)  中勢バイパス

 待ちに待った開通でしたが、開通して出勤の初日の、昨日は、渋滞、混雑、混乱でした。朝は、バイパスに入る交差点までの道が、長い渋滞。急遽、予定変更で、狭いので、エイヤーの気合で通るいつもの脇道から、出勤。帰りは、バイパスに入ってから、渋滞。信号から信号という短い距離しか走らないのですが、その間、3台の車が追突事故。脇見運転かな。2日目の今朝は、もう落ち着いたのか、混乱もなくスイスイで、きました。

8日午後3時開通だったのですが、夜走りに行きました。結構な車が走りにきていました。開通直後は、大渋滞で、横を歩いている人の方が速かったと、直ぐに走りにいった先生が言ってみえました。


2月9日 (月)  渋谷の忠犬ハチ公の上野教授

 上野教授について、陳川の同窓会名簿、100周年記念誌に一切記載がないので、津中卒と話がありながら、確認するに至らずおりましたが、昨年、前川さん(H23年卒)が調べていただいた事がきっかけで、津高の学校を通して、筑波大の先生とのやりとりから、津中に入学されたが卒業はされなかったというところに落ち着きました。そのやりとりは、今年発行の会報に掲載したいと思っています。
そんなところに、前川君より以下についてのメールをもらいましたのでその記事をご紹介します。

東京・渋谷の銅像で知られる忠犬ハチ公が死んで八十年となる三月八日、東京大農学部キャンパス(東京都文京区)内に、新たなハチ公像が完成する。ハチ公が飼い主の故上野英三郎博士(一八七一〜一九二五年)=津市出身=に飛び付く姿が銅像でよみがえる。同学部教授で日本に農業土木学を創設した上野博士の没後九十年にもあたり、研究を受け継ぐ現役の東大教授らが銅像設置に動いた。
この呼び掛けに、農学部系の教授らが応え、「ハチ公と上野英三郎博士の像を東大に作る会」が発足。制作費に充てるため寄付を募り、約二年で目標額の一千万円を集めた。人通りの多い農学部キャンパスの正門そばに
設置し、三月八日午後一時から除幕式が行われる。上野博士の故郷の津市にも、ハチ公のそばに博士が立つ像がある。
と中日新聞(2月7日朝刊)にありました。


2月6日 (金)  インフルエンザ

津高でも、2年生で、インフルエンザで学級閉鎖があったようです。


2月4日 (水)  支部同窓会

昨日、新着情報で、今年の支部同窓会の日程をお知らせしました。

会費はまちまちです。学生の会費もまちまち。
昨年は、いろいろ意見のあった中、思い切って東京は無料とされました。8名の出席者がありました。今年も多くの出席者をと、期待を込めて無料との事です。


2月3日 (火)  迷惑メール

本日、迷惑メール、23件削除しました。

家のPCには、登録しているところから、お知らせメールみたいなのは、一杯きますが、迷惑メールはありません。Commufaです。

学校は、NTT回線ですが、何も登録はしていないので、お知らせメールは一切ありませんが、アルファベットの文字のメールばかり、一杯来ます。その都度、迷惑メールで、受信拒否リストに入れているのですが、どんどんきます。

今日は、恵方巻。我が家でも、3本、頼んであります。


2月2日 (月)  日曜美術館  NHK教育テレビ

2015年2月8日 9:00〜放送 再放送:2月15日よる 8:00〜 銀行頭取 陶芸を革新せり〜川喜田半泥子〜


現在、  石水博物館(三重)で開催中の  川喜田半泥子物語 −その芸術的生涯−   3月8日まで
に関しての放送のようです。

川喜田半泥子こと、川喜田久太夫氏は、陳川 明治33年卒です。

巡回として、 あべのハルカス美術館(大阪) 3月17日〜5月10日 が予定されているようです。


| 1 | 2 |
2015/2
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

前月     翌月