Diary 2012. 11
メニューに戻る
11月30日 (金)  会報50号

 今日は、もうすでに会報が届いての反響があるのかと、朝から覚悟して出てきましたが、郵便物も、留守電も、メールも、何も届いていませんでした。
 すると、先程午前11時、会報が届いての、第1号のお電話いただきました。長野県にお住まいです。
これからしばらくは、事務局も、ばたばたするかもしれません。

午後 : 津市内は、毎年、数が多いので、後回しというか、ゆっくりというか、遅いのですが、今年は、もう届いているようです。


11月28日 (水)  ぐるっと1周 @

学校の内側を、ぐるっと1周してきました。
銀杏がめだちました。

20121128-1.jpg 20121128-2.jpg 20121128-3.jpg



11月27日 (火)  会報掲載

 昨日、12月1日発行の、会報を掲載いたしました。今回は、記念すべき50号であります。
会員の方から、お送りいただいた原稿や、お願いして書いていただいた原稿を、編集委員の皆さんが、丁寧に校正し、作成していただきました。
 昔の会報を、見ていても、その時、その時の編集に携わった方の、津高に対する熱い思いが伝わってまいります。


11月26日 (月)  連休明け

22日が、木曜日でお休みだったので、4連休でした。
津高同窓会では、夏に総会・パーティーを開催していますが、そのお世話を、幹事年・サブ幹事年として、一回り違う、ふた学年で、お願いしています。今年は、昭和54年卒と平成3年で、お世話いただきました。皆さん最低1年かけて、イベントの企画・協賛金集めをしていただいています。
来年は、主幹事が、55年卒。
その次の学年、56年卒も準備が速く、今の段階で、2か月に1回程度、集まってもらっているようです。
そうしたところ、更に、次の学年の57年卒が、先日、23日にそれに備えての初めての会合を開くとききました。それとは知らず、同期会としてくる人が多いようですが、40名程集まると聞きました。
有難い限りです。


11月21日 (水)  忙中閑あり。

 昨日は、同期を中心に、先輩も含め9名で、『安乗ふぐを食する会』に参加しました。
お天気もよかったので、安乗の灯台にもいきました。

20121121-1.jpg



11月19日 (月)  大阪同窓会

昨日、大阪同窓会があり、122名のご参加があったそうです。
そのうち、学生が7名。

20121119-1.jpg 20121119-2.jpg



11月16日 (金)  会報50号

 会報50号が、印刷屋さんから本日事務局に届きました。
これから、2万4千通程の、封入作業をしてもらって、28日に発送となります。メール便ですので、それ以後、順次となります。津地区は部数が多いので、いつも、最後になる時が多いです。早い方で、11月29日、遅い方では、12月4日ぐらいになるかもしれません。
一応、12月1日発行とうたっています。


11月13日 (火)  インターハイ

最近、部活の活躍をお知らせするブログが多いのですが、今日は、冬のインターハイです。
スキーで、1名、冬のインターハイ出場が決まっているそうです。


11月12日 (月)  高校駅伝

テレビで、大学駅伝をみかける季節となりました。
昨日、松阪で高校駅伝がありました。
津高は、男子が、32校中で6位。
女子も、20校中6位。
男女とも、東海大会出場とのことです。


11月9日 (金)  忠犬ハチ公の上野教授

 10月に上野教授とハチ公が寄り添う銅像が久居駅東口に完成したということです。
この上野英三郎教授ですが、いっとき新聞などで、津中卒業と書いてあり、全くそのような話を聞いたことがなかったので、すごく気になりました。ハチ公の上野教授がうちの先輩であれば、百年記念誌の『あゝ母校』に記載されているだろうし、永年同窓会のお世話されていた長谷川先生などからも、噂を耳にしたと思うのですが、全くなかったのです。確かその当時、新聞社にも電話しましたら、その根拠は市役所から聞いたとかだったと思います。市役所に聞くと、多分優秀だったので、周りの方も、当然津中みたいな思い込みのような・・・。
そして、今年の2月頃かに、久居に銅像ということで、委員会のようなのに、津高の校長先生に参加してほしいというお話があり、校長先生が参加してしまうと、津中卒が、既成事実になってしまうのではないかと思い、その当時の教頭先生にも調べてもらいました。上野教授は、明治4年生まれです。今手元にその時のメモが見当たらないのですが、津中が、明治13年開校で、その当時はまだ、教育制度も確立されていなかったし、戸木にも学校があり、津中には入学していないことがわかりました。その時点で、市役所にも電話を入れ、今後は津中卒という情報は誤りであり、流さないでほしい旨の連絡をいれました。
上野教授がうちの卒業生であれば、久居の銅像ももっと身近に感じたかもしれません。


| 1 | 2 |
2012/11
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月