Diary 2019. 2
メニューに戻る
2月28日 (木)  卒業を祝う会

 本日午後2時30分〜 卒業を祝う会 がありました。
飯田会長の祝辞、卒業生代表の挨拶、記念品授与があり、来賓として、同窓会役員8名が参加しました。

20190228-1.jpg 20190228-2.jpg 20190228-3.jpg



2月27日 (水)  もうじき卒業

 明日は、3年生対象の、卒業を祝う会 があります。同窓会の入会式のようなものです。この日に卒業記念品の校歌集のCDを贈ります。

20190227-1.jpg



2月26日 (火)  委員会

 昨夜は、学年対抗ゴルフ大会の実行委員会があり、17名の方がお集まりいただきました。今朝から、欠席だった学年にもお電話してお尋ねもし、現在の参加申し込み数は、176名となりました。定員 160名の予定でしたが、会場のタートルエースゴルフ倶楽部に交渉し、お願いしようと思います。

 今日の午後は、来年の140周年記念の企画を考える委員会がありました。


2月25日 (月)  国公立大学の2次試験

 今日は国公立大学の2次試験。暖かいしよかったなぁと思って、テレビのニュースをみたら、東京では、JRの中央線・総武線がストップしてると。
受験生には、最悪です。かわいそうに。それぞれが、上手く対応できてればいいのですが。


2月22日 (金)  イケムラレイコ展

 現在、国立新美術館に於いて、『イケムラレイコ展』開催中! 
イケムラレイコさんは、津高S45年卒です。2011年に三重県立美術館でも、イケムラレイコ展がありました。
 4月1日まで開催との事です。おしらせでした。


2月20日 (水)  メール

昨日、以下のメールをいただきました。
 このほど、貴津高校(三重県立津高等学校)の卒業生、笹邉 巌(満96歳)、父である巌が「老衰」のため亡くなりましたので、お伝えします。よく貴冊子に目を通していたことを思い出します。
何年度の卒業生なのかは卒業証書が見つからず、そちらで調べていただければ幸いです。父の生年月日は、大正12年1月15日、亡くなった日は今年の1月17日96歳で亡くなりました。
貴会報も御送付いただいてましたが、今後は必要なくなりました。90歳頃までは貴高校の会報をよく読んでいたようです。

陳川S15年ご卒業でした。次回の会報に物故者として掲載された場合は、母に見せたいので送付ご希望でしたが、次号には、名簿発行の為、物故者の掲載はありませんので、その旨ご了解いただくよう返信いたしました。
陳川、三重櫻の方々に、原稿をお願いするのが、だんだん難しくなってきています。しかし、読んでいただいてる方はたくさんお見えなので、これからも、陳川・三重櫻の方々の記事も大切に掲載していかないとと改めて思いました。



2月19日 (火)  学年対抗ゴルフ大会

 会報に掲載しましたが、今年の学年対抗ゴルフ大会は、亀山市の タートルエースゴルフクラブで開催します。来週の月曜日の夜に、学年をまとめていただいている皆さんにお集まりいただきます。
3月17日には、新名神高速道路が開通し、今迄の渋滞も緩和されることが期待されていますし、先日、中勢バイパスの鈴鹿方面の延長も開通しました。津方面からのアクセスは、伊勢自動車道を使えば短時間で行けるかなと思います。
開催日は、5月6日(月・祝日)と、話題の10連休の最終日です。気候も良しで、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。


2月18日 (月)  NHKスペシャル

 昨夜、NHKスペシャル  平成史スクープドキュメント “ノーベル賞会社員” 〜科学技術立国の苦闘〜 をみました。2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏への独占取材から、科学技術立国ニッポンの苦闘を描くといった内容でした。番組には、2002年当時の島津製作所の社長として、服部重彦氏がインタビューをうけてみえました。
服部さんは、S35年卒の同窓生で、130周年行事の『母校の教壇』にもご登壇いただき、「こだわりの科学ー見えないものを見えるように、測れないものを測れるように」と題して、講演(授業)をしていただきました。当時を懐かしく思い出しました。


2月13日 (水)  聖火ランナー

 津高より、前回の東京オリンピックの聖火ランナーに、少なくとも2人は参加。というのも、本日、NHKより、その当時を取材したいので、2名の現在の連絡先を教えてほしいとの電話。そのお一人に連絡がついて、ご本人のご了解をいただいたので、どのように番組につながっていくのかはわかりませんが、取り敢えず、NHKの担当者にお知らせしました。S40年卒辺りの方ですね。


2月12日 (火)  週刊誌

 今週号の週刊新潮の結婚というところ(毎週あり)で、津高H18卒の女性の記事で、びっくりしました。会報にも書いてもらったり、東京同窓会にも、そして大阪勤務の時は大阪同窓会にも出席してくれていました。


| 1 | 2 |
2019/2
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

前月     翌月