新着情報


イケムラレイコ展


三重県立美術館で、津高卒業生としては初めての展覧会『イケムラレイコ うつりゆくもの』が、昨日より開催されました。

彼女は、津高45年卒の同窓生です。
1972年に、スペインに渡って、セビリア美術大学に学び、その後スイスを経て、現在はドイツを拠点に活動。また、国立ベルリン芸術大学の教授でもあります。

8月には、三重に先立ち、東京国立近代美術館でも開催されました。

彼女の作品は、絵画、彫刻、ドローイングと多岐に渡ります。
日本を離れ、40年を経ての回顧展です。
どうか、みなさん、「お帰りなさい」と迎えてあげてください。

目次へ戻る